会社方針

 

経営理念

企業は公器であるとの認識のもとに
社会のニーズに応える高品質の製品を安定的に供給し
もって社業の発展をはかる
社に係わる全ての人々が社業を通して自己実現をはかり
成長発展をとげることが出来るようにする


長期経営目標

  1.社会の変化に対応した高品質の製品の供給を通じ顧客サービスの極大化を図る
       ー 品質の常なる向上並びに新製品、新技術の導入、開発 -

  2.経営資源の効率的運用を目指す
       ー 人、物、資金、情報の重点的有効活用 -

  3.社員福祉、厚生の充実
       ー 所得の向上並びに安全で清潔な職場作り -

 


 

ご挨拶

CEO

 

 

平素は格別のお引立てを賜り誠に有り難うございます。

 弊社は(旧)沖縄ヒューム管工業所として、昭和27年に郷土復興の一翼を担うべく、県内初の遠心力応用コンクリ―ト二次製品メーカーとして創立されました。
 爾来六十余年、ポール・パイル・プレキャスト部材を中心とし、電力・通信・建築・土木等の分野での製品発展により、郷土沖縄の都市空間創造のために尽力して参りました。
 平成4年には、多様化するお客様のニーズに迅速に対応できる体制を確立すべく中城湾新港地区(沖縄市海邦町)に工場を新設移転いたしました。
 現在ではPHCパイル・高強度PHCパイル・CPRCパイル・PCポール・カラーポール・電線共同溝・テールアルメ工法・PCW工法など総合コンクリート製品メーカーとしてあらゆる分野での製品のご提供、技術のご提供ができるものと自負しております。
 弊社は創立以来、新製品技術の開発発展に全力を傾注して参りました。復帰前には工業開発への多大な努力が認められ、オグレスビー工業功労賞を受賞し、昭和47年の日本復帰に際しては県内業界初のJIS表示許可を受けることができました。
 また、平成12年10月には上記分野において九州沖縄の地場企業として業界初のISO9001を取得することができましたことは、常にお客様に最新最高の技術・製品と品質保証のご提供をモットーに歩んで参りました弊社の誇りとするところであります。
 社員の育成についても、業務を通しての自己実現の達成により、地域社会の発展への寄与に貢献したいと考えております。
 弊社は、今後とも多様化し変化する社会的技術的ニーズに、積極的にお応えする事が最大の社会的使命であると自覚し、社員一丸となって全力を